IPO全盛期を過ぎた2007年ごろに投資資金50万ではじめました。現在はIPO、PO、優待、他などローリスク投資が中心の取引を行っています。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ      にほんブログ村 株ブログ PO・公募増資株へ      にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
両建てのコメントがいくつかありましたので具体例でいうと
直近だとやっぱり国際石油開発帝石がずばり当てはまりますね。

国際石油開発帝石の日程は
価格決定日が7月26日
売り禁になったのが7月23日の取引終了後
受け渡し日が8月3日

例えば両建てを7月22日の寄り付きに成行注文するとします。
7月22日 保有資産
 国際帝石 信用買 1株 404,000円
 国際帝石 信用売 1株 404,000円
 こんな状態ですね。

7月23日の取引終了後に売り禁になります。
7月23日終値 410,000円

7月26日は価格決定日です。
7月26日以降は両建てしていない場合、ヘッジすることは不可能となりました。
当然、26日はGUでスタート。
7月26日始値 431,000円 終値 430,000円

公募増資価格は価格決定日の終値に対して、3%~5%程度のディスカウント価格
国際帝石では417,100円なります。

公募増資の基本は価格決定日の大引けつまり終値で信用売を建てて、ヘッジを
することで公募価格のディスカウント分を鞘取りするのが基本です。
価格決定の前日、翌日にヘッジするのもかまいませんが、それは個人の裁量次第
ですので ここでは説明しませんのでご了承ください。


ですので、7月26日の大引けで両建てしておいた信用買を返済売りします。
 国際帝石 信用売返済 1株 
 買404,000円⇒返済売430,000円 収支+26,000円(手数料除く)
 ※実際は手数料として、少しですが信用買の金利、売買手数料として
  数百円ほどかかります。

7月26日保有資産

 国際帝石 信用売 1株 404,000円

8月3日受け渡し日
8月3日 始値 418,500円
 国際帝石 信用売返済 1株 売404,000円⇒返済買418,500円
  収支-14,500円(手数料除く)
 国際帝石 現物売    1株 買417,100円⇒現物売418,500円
  収支+1,400円(手数料除く)
 ※実際は信用売には逆日歩、貸株、売買手数料、現物売には売手数料と
  合わせて数千円ほどかかります。

収支の合計は+12,900円
となり430,000円の3%分の鞘が抜けたことになります。

こういう風に具体例を書くと難しく思えるかもしれませんが、両建ても結局は
信用買を返済した株価でヘッジ売りしたことと変わらないということですね。
この場合は価格決定日の大引けで信用売りした 場合と同じですね。


コメントありがとうございます。
コメントの返信をしますね。


>タケさん
両建て
ある日寄りで、両建てして、引けで
買い外した場合、この買いに対しての経費は、いかがですか?

こんばんはタケさん
信用売と返済の売買手数料のみだと思いますよ。


>kotaroさん
質問です
両建てしていて、信用買いを返済する場合、27500円より安い株価で返済売りをすると、その分は損失ということになるのですよね?

こんばんはkotaroさん
記事でも書きましたが、ヘッジ売りをしていますのでトータルで見ると損失にはなりませんよ。
返済売りした時点でヘッジ売りしたのと同じ意味です。(手数料は若干かかりますが)


>キムさん
こんにちは ^^
男は通常であれば女性が好きなはずですね(応援返し!)

それに余談ですが、仕事中にナンパされてあせりましたよ~(今日です)
10代の女性だと思いますが、足が無いだけで知らない人に声をかけるとは積極的です。
私の好みではないのでパスでした。
(本当は普通に忙しいだけですが・・・)

キムさん、こんばんは~~。
もちろん、大好きですよ~。
綺麗な人を見るとつい目で追ってしまいますよね!
10代の女性にナンパされるなんて、羨ましい限りですよ。
私なんて、ナンパのナの字もありませんから
せいぜい、70~80代のお婆ちゃんに道を尋ねられるくらいです!


>さげおさん
両建て
具体例を入れていただくと非常に分かりやすいのですが…

ヘッジのところがいまいち理解できませんでした。

具体的に株が下がったらどれぐらいの損益がいくらで。ってものを入れていただくと非常にありがたいです。

こんばんは、さげおさん
記事に書きましたが、国際帝石がちょうどいい参考ですね。
ご参考までにどうぞ。


>管理人のみ閲覧さん

こんばんは~。
公募増資の基本は価格決定日の大引けでヘッジして、鞘抜きですよ~。


ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくおねがいします。
 ↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
>>よく他のブログの方も含め、両建てという手法を使われますが、具体的にはどのような形で何のためにされるのか

こんな質問があったので、簡単に説明しておきます。

公募増資でよく使う両建てをする目的は新規信用売り禁止(売り禁)対策になります。


公募増資の両建ての状態とは
信用売りと信用買いを同じ数量、同じ株価で保有している状態になります。

例えばこんな状態ですね。
10月4日 保有資産
マネックス 信用売り 50株 27500円
マネックス 信用買い 50株 27500円

この状態にするためには、取引時間外に信用売り、信用買いそれぞれ
同じ株数、成行注文を行うと取引時間になった瞬間に両建て状態が成立しますね。


マネックスは10月5日に売り禁になりました。

上のように両建てしている場合は、信用買いを返済することで
信用売りだけを保有している状態になって、ヘッジ状態になります。

ところが、売り禁になったときに両建てがないと、新規に信用売りを行う
ことができませんので、ノーヘッジ状態しか選択肢がなくなります。

両建てをすることで、売り禁になったときにヘッジするしないの選択肢が
選ぶことができます。

公募増資の鞘取りは基本的に、公募増資の配分と、配分分のヘッジで
鞘を抜くのが基本です。
ですので、売り禁時にノーヘッジというリスクをとらずに済むので皆さん
両建てを行っていると思います。

PO投資をしているとよく両建てを使うのですが、普通の投資では
それほど使わないかもしれませんね。

ちょっと難しい説明になったかもしれません、わからないところは
気軽にコメントくださいね。


ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくおねがいします。
 ↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
国際石油開発帝石ですが、今回1株だけ
新しい試みを試すために、実験していました。

本当は十分な下調べをしてから実証すべきなんですが、
習うより慣れろでいきなり実験してしまいました。


それで


結果の方ですが…


幸い成功でした。



もう少し検証を重ねてみて、うまくいきそうでしたらまた報告したいと思います。


やっぱり案件がないとき、イベント投資家としては
新しい試みを考えていかないと、いつまでも王道POだけでは
やっていけませんからね。



ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくおねがいします。
 ↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

みずほFGの価格決定まであと2営業日です!

みなさん、ヘッジ状況はどうでしょうか。

50単元規制の空売り規制銘柄なので、5000株以上ヘッジする場合は

ちょっと、小細工をしないといけないですよね。

小細工の方法はいくつかありますが、今後のためにもブログに乗せておきます。


基本的に価格決定日に信用売でヘッジすることが前提の方法です。
手順としては、こんな感じですね。

1.価格決定日までにヘッジする株数分を信用買と信用売で両建てする。
2.価格決定日の引けに両建ての信用買を返済する。

以上でヘッジ完了!

1.の方法が規制で単純に10万株とか一気に両建てできないのがここの難所です
ので、1.の小細工方法を載せます。


①ノーリスクな両建て方法
これは取引時間以外で、5000単元以内で注文を出すですね。
1日でチャンスは2回あります。

朝9:00の寄りつき前に注文を出すのと、お昼の11:00~12:30の間に注文をだすの
2回チャンスがありますね。
前日の夜に出すと朝9:00寄りつきで注文が約定して、5000株両建て完了
 信用売:5000株 成行注文
 信用買:5000株 成行注文
次にお昼の11:00~12:30の取引時間以外に同じ注文を出して、5000株両建て完了
これは一番簡単な方法ですが1日に1万株しか両建てできません。


②ノーリスクな両建て方法の応用
基本的に①の応用版です。
①ではひとつの証券会社で行うことを前提に書いてましたが、他の証券会社でも
同じことをすれば、1日の両建て数は1万株×証券会社数になります。
ただ、手数料が証券会社によっても違うし、管理も複数の会社になるので
手続き忘れとかご発注とかの危険もありますねぇ。
気を付けてくださいね。

③ちょっとリスクのある両建て方法
50単元規制は現在の株価より高い価格で指値注文を入れれば、規制されません。
だから、今日の終値が142円なので143円で指値注文を入れれば、何株でも
注文が入れれます。
※専門用語でアップティックで注文を入れるといいますね。

なので、朝9:00寄りつきを狙って、前日の夜に注文出します。
 信用売:10万株 143円 指値注文
 信用買:10万株 成行注文

ただし、この方法は前日の終値より高く寄りつかないといけません。
前日より安く寄りついてしまうと、信用売は約定せずに、信用買だけが約定して
しまいます。

なので、初めての方はお勧めできないのでやめた方がいいですよ。
朝9:00前(昼12:30前)の板情報が見れて、直ぐに注文の取り消しができる人
じゃないとやめたほうがいいですね。

④気合いで取引時間内に両建てする
私は③よりこっちで両建てする方かも知れません。
これも色々やり方があると思いますが、簡単な方法の一例だけ書いておきますね。
みずほFGのように値動きが少ない銘柄にしか使えませんが・・・

まずはアップティックで指値注文を入れます。
注文が約定したら直ぐに信用買の注文を入れて両建てします。

現在の株価142円
 信用売:10万株 143円で指値注文
 信用買:10万株 成行すぐ注文できるように準備
  ・
  ・
 しばらくすると注文が約定!
 直ぐに準備した信用買注文をだします。

この方法は株価が上がってるときしか、うまくいきません。
下がっているときは信用売の注文が約定しなですからね~。

うまくすれば10分くらいで完了するのでサラリーマンの私でも
この方法で携帯から「つぁ!」と気合いで注文なんてことも可能ですね。

他にもいろいろあるんですが、こんなところで・・・


ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくおねがいします。
 ↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。