IPO全盛期を過ぎた2007年ごろに投資資金50万ではじめました。現在はIPO、PO、優待、他などローリスク投資が中心の取引を行っています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ      にほんブログ村 株ブログ PO・公募増資株へ      にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年のみずほFGとチャートを掘り起こしてみました。
参考までに載せておきます。

2009年のみずほFGの公募は
価格決定:2009年7月15日
受け渡し:2009年7月24日
発行部数:30億
希薄化率:18.7%
です。

チャートはこのようになっています。



で日経と比較するとこうなりますね。
 

赤:みずほFG
青:日経平均
 

2009年の増資は価格決定まで、日経は下降し、価格決定後に上昇しています。
みずほFGもほぼ日経に合わせて、上下しております。
日経とことなる動きをしているのは価格決定後の安定操作期間の下降、受け渡し日寄りの
下降でしょうか。

こうみると日経に連動して、動いていますがそれぞれ、価格決定、受け渡し日は公募
増資特有の動きを見せていますね。

そして、貸株、融資などの時系列情報ですが、この通りです。

日付終値出来高貸株残高増減融資残高増減2貸借倍率逆日歩
09/8/6226160,146,6004,799,200-4,591,10068,853,600-3,311,60014.35-
09/8/5227184,130,8009,390,300625,60072,165,200-24,066,1007.69-
09/8/4230256,294,5008,764,700-13,447,50096,231,30022,264,90010.98-
09/8/3228342,147,80022,212,200-3,075,00073,966,4004,896,7003.33-
09/7/31215313,446,60025,287,200-15,097,40069,069,700-16,670,1002.73-
09/7/3021293,857,20040,384,600724,90085,739,8007,344,2002.12-
09/7/29209121,532,80039,659,700-1,187,60078,395,600371,0001.98-
09/7/28212179,749,80040,847,300-356,00078,024,600-4,565,9001.91-
09/7/27211317,407,80041,203,300-5,505,40082,590,500-37,767,4002-
09/7/24208640,820,20046,708,700-80,453,700120,357,90044,957,6002.58-
09/7/23209331,389,400127,162,4008,350,30075,400,300-9,174,3000.590
09/7/22203206,026,700118,812,1007,183,90084,574,6003,459,1000.710
09/7/21197202,239,100111,628,200-7,681,40081,115,500-2,531,2000.730
09/7/17192173,765,000119,309,6001,182,40083,646,7003,990,9000.70
09/7/16190396,007,700118,127,2001,487,20079,655,800-22,586,6000.670
09/7/15190451,988,400116,640,0009,091,100102,242,40015,077,1000.880
09/7/14198247,978,500107,548,90011,348,30087,165,300-1,288,2000.810
09/7/13193179,825,80096,200,600804,70088,453,500-1,845,5000.920
09/7/10202138,878,50095,395,9002,140,60090,299,0004,469,5000.950
09/7/9206141,847,00093,255,3003,626,70085,829,5002,795,6000.920
09/7/8212113,354,30089,628,6002,234,00083,033,900-7,411,0000.930
09/7/7216151,010,80087,394,600860,40090,444,900-5,321,9001.03-
09/7/622760,121,10086,534,200-4,632,50095,766,800214,0001.11-
09/7/322881,403,70091,166,7004,544,90095,552,8002,389,0001.05-
09/7/2230140,273,80086,621,800-5,215,10093,163,800412,2001.08-
09/7/1231225,135,90091,836,90092,751,6001.01-


貸株残高と融資残高の増減をみても明らかに価格決定日、受け渡し日の増減が目立ちます。

価格決定日の貸株は発行株数の何割かというと、わずか+0.3%です。
受け渡し日では-2.7%です。

当然、2009年に対して、2010年の現状はどうなのか気になりますね。
後ほどアップしたいと思います。



ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします。
 ↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
前回のみずほPOの出来高・貸借データは非常に参考になりました。
2010/07/04(日) 15:20 | URL | ONE #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://horizontalgrays.blog19.fc2.com/tb.php/176-b0bb8d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。